石山まちづくりセンターからのお知らせ

・石山地区のまちづくり活動や防犯情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒグマとの事故を防ぐには

最近、石山地区ではありませんが、またヒグマの出没情報が沢山入ってくるようになりました。

というのも、昨年はヒグマの餌となるドングリが豊作で、ヒグマの個体数が増加しました。
しかし、今年はドングリが不作のため、餌を求めたヒグマが山からおりてきているようです。

これから10月、11月はヒグマにとって『食いだめ』をする時期です。
ヒグマとの事故を防ぐために、まちセン職員 府川がヒグマ講習会で習ってきたことをお教えします!


■ヒグマの行動圏について

オス:100㎞以上
メス:5~15㎞

※つまり、オスが発見された場合には、その地区をただ通過しただけ。
しかし、メスが発見された場合には、その地区に定住している可能性あり。


■ヒグマの行動習性

・学習能力が高い
・慎重に行動する
・逃げるものを追いかける
・味を覚えると執着する
・母熊の防衛本能が強い


■ヒグマに出会わないようにするには

・山に入る際には一人で行動せず、複数で行動する
・音を出す(ラジオ、鈴、爆竹など)
・フンや足跡などの痕跡を見たらすぐに引き返す
・小熊を見たらすぐに引き返す
・ゴミの処理をしっかりとする

※ヒグマは味を覚えると執着する習性があります。
 生ごみは必ず収集日の朝に出すようにし、味を覚えさせないようにしましょう


■もしもヒグマに出会ってしまったら

・走らない
・ゆっくりとその場から立ち去る
・死んだふりは無意味



もし石山地区内でヒグマを目撃した場合には警察か石山まちづくりセンターに通報してください。

| まちセン職員のつぶやき | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ishiyamamachikyou.blog59.fc2.com/tb.php/43-567b1ff1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT